山陽小野田で小学生Gゴルフ選手権

山陽小野田市内の小学生を対象としたグラウンドゴルフのナンバーワン決定大会(市主催)は3日、江汐公園で開かれた。71人が参加し、慣れないクラブを手にしながら、計10ホールの打数で順位を競った。第4回新春のつどいも同時開催された。

小学生の時からスポーツに親しんでもらい、生涯スポーツの推進を図ることが目的。サッカーのPK、玉入れに続く3回目のナンバーワン決定大会で、低学年の部(3年生以下)に23人、高学年の部(4年生以上)に48人が参加した。

5ホールを2回ラウンドするルールで、子どもたちはホールポストを狙い、慎重に打数を重ねていった。長い距離が入ると歓声を上げて喜ぶ一方で、ほんの短い距離を外したり、ホールポストを通過すると悔しそうな顔を見せていた。

ホールインワンで周囲を沸かせた山田龍之介君(厚狭小4年)は「お父さんと何回かやったことがある。最初はあまり良くなかったけど、だんだんと調子が上がってきた。ホールインワンは狙い通り。うれしかった」と喜んでいた。

新春のつどいは、すげえちゃ・高泊が主催。スポーツ玉入れのアジャタでは6~9人でチームを作って100個の玉を入れる時間の早さを競い、野鳥観察ではオシドリ、マガモなど公園内で越冬する渡り鳥を見学しながら生態などを学んだ。

成績は次の通り。

◇低学年①谷川雅弥(須恵3)②植木雅也(高千帆3)③加藤翔太(同)▽ホールインワン賞=谷川雅弥(須恵3)河本一護(高泊2)◇高学年①植村成(出合6)②山田龍之介(厚狭4)③細田悟史(小野田5)▽ホールインワン賞=安達由悟(高千帆6)松浦亮太(同5)原田望来(同4)三輪叶真(同)山田龍之介(厚狭4)

カテゴリー:スポーツ2018年2月5日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter