山陽商議所青年部が7月に初の全国ゴルフ大会

山陽商工会議所青年部(真利憲太朗会長)は、7月29、30日に市内4カ所のゴルフ場で全国の商議所青年部会員を対象とした第1回全国ゴルフ大会を開催する。ゴルフ場が点在し、高速道路、新幹線、空港からの好アクセスという立地を生かして初企画。「ゴルフのまち」として全国に古里をPRしたいという。

定員は320人で、懇親会のみの参加も100人ほどを予定しているため、宿泊などを含めて市内への高い経済効果を見込んでいる。また、熊本地震の復興支援チャリティーも兼ねている。

大会スローガンは大会の成功に向けた「挑戦」。数字の1を模したロゴマークには第1回大会への思いや全国の仲間が一つであるという意味を込め、県特産の夏ミカンの色と商議所青年部シンボルカラーのフレッシュブルーを採用した。

スクラッチの部とダブルペリアの部があり、スクラッチの部は朝陽カントリークラブを2日間で2ラウンドする真剣勝負。ダブルペリアの部は30日のみの開催で、3会場に分かれ、20~40歳代別とOBの各部門ごとにプレーする。

懇親会は29日に山陽オートレース場の走路内側を利用して開催。当日はG1ナイターの場外発売があり、新たなファン層獲得に向けて初心者向けガイドも行う予定。懇親会前には山陽所属選手によるデモンストレーション走行も行われる。

商議所青年部の全国規模となるスポーツ大会はサッカーに次いで2種目目。サッカー大会では毎年、各青年部が誘致合戦を繰り広げており、ゴルフ大会も既に第3回大会の開催地まで決まるなど、全国で大きな反響があるという。

真利会長は「大会を開催する自信や行動力は、長年行ってきた夢花火が原動力になっている。ゴルフのまちと併せて、地域の特色や魅力を全国に発信できれば。これからも企業や地域の発展のために活動していきたい」と話した。

カテゴリー:スポーツ,経済2016年6月25日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter