山陽オートでリレーマラソン

山陽商工会議所青年部(真利憲太朗会長)主催の寝太郎リレーマラソンが11日、山陽オートレース場で開かれた。仲間と協力してマラソンと同じ42.195キロを走り抜くスポーツイベントで、初めて開催。小学生から一般までの9部門に県内外から計76チームが出場し、完走を目指してたすきをつないだ。

レース場の有効活用でまちの活性化につなげようと企画。コースは1周500メートルの走路をはじめ、競走車の検査場などオートレースの舞台裏も含んだ1周1.5キロで、28周でフルマラソンの距離となるように設定した。開会式では真利会長が「青空が晴れ渡る絶好のマラソン日和となった。通常はオートレーサーが活躍しているコースで、選手と同じ目線で楽しんでほしい。仲間や家族と絆を深め、思い出に残る大会にして」とあいさつした。

出場したのは一般部門29チーム、女子部門1チーム、男女混合部門21チーム、小学生部門5チーム、中学生部門2チーム、ファミリー部門3チーム、職場仲間部門15チーム。高校生部門とマスターズ部門にはエントリーがなかった。全部門が一斉にスタートし、1周でたすきをつなぐチーム、1人で数周を走るチームなどリレー方式はさまざま。選手たちは疲れが増す中、必死にたすきをつないでいた。走路のメーンスタンド前では仲間からの大きな声援が響いた。表彰は総合の1~6位と各部門の1~3位。総合優勝したのは中学生部門に出場した、市内中学校の生徒で構成するチームブスカスで、タイムは2時間22分23秒。完走した74チームには完走証が贈られた。

カテゴリー:スポーツ2018年3月12日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter