宇部鴻城、準決勝で甲子園の夢絶たれる

第96回全国高校野球選手権山口大会は26日、山口市の西京スタジアムで準決勝が行われ、第1試合に登場した宇部鴻城は、岩国に1-2で惜敗した。
準々決勝でサヨナラ勝ちし、勢いに乗る宇部鴻城と、センバツを経験し、シード校として順当に勝ち上がってきた岩国が接戦を繰り広げた。
宇部鴻城は序盤、相手の失策や死球で走者を出したが、大きく離塁したところをことごとくけん制で刺された。四、五回の得点機にもあと一本が出なかった。八回は、山下の適時打で1点差に迫り、最終回に望みをつないだが、岩国の主戦、柳川の好投の前に2試合連続でミラクルは起こせなかった。
▽準決勝
岩  国
000010100│2
000000010│1
宇部鴻城
(岩)柳川-水野
(宇)福島、十河-井上
▽三塁打=川本(岩)▽二塁打=亀谷(岩)川口(宇)

カテゴリー:スポーツ2014年7月26日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single