初の日報スポチャン盛り上がる

第1回宇部日報杯スポーツチャンバラ大会は15日、宇部市武道館で開かれた。宇部日報社主催。宇部市スポーツチャンバラ協会(岩村誠会長)共催。
宇部市のスポーツチャンバラのレベルアップと競技人口の拡大を目指して、初めて開催。県内を中心に、東京大、明治大の学生を含む70人が参加した。
開会式で、岩村会長は「記念すべき第1回大会で栄冠を目指して。ワールドカップに負けない真剣勝負に期待している」と激励。参加者を代表して同協会の山下祥平選手(藤山小5年)と上本星選手(小羽山小4年)が「スポチャン精神を理解し、勝ち負けにこだわらず、友情の輪を広げ、相手をたたえるさわやかで明るい試合を行います」と宣誓した。
小太刀、長剣、基本動作、異種の4部門で段級別に熱戦を展開。小学生以下は特別種目のサバイバルも実施した。幼年・小学生低学年無級では、黒瀬大悟選手(東岐波3年)が小太刀と長剣の2部門を制した。

カテゴリー:スポーツ2014年6月16日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single