全国大会出場の西京高生徒が活躍誓う

全国大会へ出場する西京高(鈴木三郎校長)の男子駅伝部(二宮啓顧問、19人)、女子駅伝部(吉崎康志顧問、15人)、サッカー部(渡邉修身顧問、97人)の代表者が18日、市役所を訪れ、渡辺純忠市長に健闘を誓った。

男子、女子駅伝部は、23日に京都市で行われる男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会に出場する。男子は26年連続31回目、女子は2年連続27回目。サッカー部は、30日から東京都世田谷区などで開幕する第97回全国高校サッカー選手権大会に5年ぶり3回目の出場。31日に富山県代表で優勝経験もある富山第一高と千葉市で初戦。

男子駅伝部は、インターハイの3000㍍障害で日本人トップの成績を収めた菖蒲敦司選手(2年)と、県高校総体の5000㍍で優勝した中村優吾主将(3年)を二枚看板に、8位入賞を狙う。中村主将は「みんなが『やってやる』という気持ちで頑張っている。攻めの走りでチームに貢献したい」と意気込みを述べた。

女子駅伝部は、代表メンバー8人のうち6人を1年生が占め、2、3、5区を担当する予定。森広彩音主将(同)は「去年の順位やタイムを一つでも上回ることが目標。1区から勢いづけられるような走りをしたい」と語った。

サッカー部は、個性の強い選手が多い中、チームワークの良さが今年の特色。伊藤大貴主将(同)は「本番までにプレーの精度を上げ、物おじせず戦う。全国で初の一勝を挙げたい」と話した。

出席者の抱負を聞いた渡辺市長は「県大会での優勝は市民の誇り。全国の舞台でも一生懸命頑張ることが成績につながる」と激励した。

カテゴリー:スポーツ2018年12月19日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter