スペイン代表が阿知須で水泳合宿

 アーティスティック(シンクロナイズド)スイミングのスペイン代表チームは18日、東京辰巳国際水泳場で27日から開かれる「FINAアーティスティックスイミングワールドシリーズ2018東京大会」に向けた事前練習を山口市阿知須のきらら博記念公園水泳プールで開始した。
 同日、藤木麻祐子監督率いる代表チーム(選手10人、スタッフ8人)の歓迎セレモニーが同プールであり、地元の住民約50人がスペインの国旗や応援フラッグを持って出迎えた。
 式では、伊藤和貴副市長のあいさつの後、地元を代表して阿知須地域づくり協議会の山田好男会長が「住民みんなで選手を支え、お手伝いします」と歓迎の言葉を述べた。市内で活動する「萠山会」による演奏もあり、琴と尺八でスペインの国歌が披露されると、選手たちから笑みがこぼれた。地元住民からは、ひなもんや、スペイン語で書かれた応援フラッグなどが贈られた。
 代表チームは、阿知須に滞在しながら24日まで同プールで練習を行い、地元の有志が水や果物を提供するなどして選手をサポートする。
21日午後6時から同7時まで練習が一般公開され、本番さながらのエキシビションの披露もある。
 アーティスティックスイミング委員長のアナ・モンテロ・パチェコさん(37)は「愛情のある歓迎に感激している。プールの設備もすばらしく、演目での細かい部分を調整していきたい」と話していた。
 市は、2020年の東京五輪・パラリンピックにおいて、スペインの事前キャンプ地となっており、選手団が訪れるのは今回で2回目。

カテゴリー:スポーツ2018年4月19日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ