宇部市の神社や寺でも節分祭

natusejinnja.jpg 宇部市内の神社や寺で3日、節分祭が行われ、無病息災、家内安全などを願う参拝者でにぎわった。

新天町2丁目の中津瀬神社(丸茂雄治宮司)には、午前中から多くの人が訪れた。午前8時から、正月飾りやおはらいを済ませた古神札を焼納する厄よけ大かがり火がたかれ、本殿では星祭り祈願と開運厄よけ祈願が行われた。
福豆まきは、午前10時に1回目が行われ、年男年女がやぐらに登り、袋入りの福豆をまいた。正午、午後3時、5時の部では、同神社崇敬会員でキングレコード所属の原たかしさんが参加し、豆まき音頭を歌いながら豆まきが行われた。
境内のご神水を使った豆茶や下関唐戸魚市場直送のふぐ鍋の接待には行列ができ、参拝者は冷えた体を温めていた。参道には露店が並び、ハミングロード新天町では恒例の福あめ抽選会やバザーが行われ、市民でにぎわった。

カテゴリー:季節2010年2月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single