山陽小野田市で消防出初め式

20100110a.jpg 山陽小野田市消防出初め式は10日、市民館であり、観閲行進でとそ気分を吹き飛ばした。

観閲行進には消防職・団員470人をはじめ、各事業所の自衛消防隊、地域の消防クラブなどから130人、計600人と車両23台が参加。分団旗を先頭に、市民館前のカルチャーロードを勇壮にパレード、白井博文市長に敬礼した。
駐車場では、大正時代に使われた腕用ポンプによる放水実演、各分団による鈴割り演技が行われた。小野田古式消防組保存会千組のメンバー28人は、はしご乗りを披露。木やり歌が朗々と響く中、昔ながらのはんてん姿で入場し、約7mのはしごに上がって両手を広げたり、逆さまになったりする妙技に、会場から大きな拍手が起きた。

カテゴリー:季節2010年1月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single