梅雨明け、一気に夏空 園児はシャワー

シャワーを浴びる園児(8日午前10時半、神原保育園で)

福岡管区気象台は8日、山口県を含む九州北部が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年より15日、平年より11日、気象庁が1961年に統計を始めてから4番目に早かった。

気象台によると、7日までは朝鮮半島付近の梅雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込んで断続的に激しい雨になったが、8日は前線の活動が弱まり、西日本が晴天になったため梅雨明けと判断した。
神原保育園(山根八恵子園長)では、青空の下で園児たちが水遊びをして、はしゃぎ声を上げていた。
気象庁は、今年の夏は厳しい暑さになるとみている。今週、県内は高気圧に覆われておおむね晴れた日が続き、連日最高気温が30度を超える。

カテゴリー:季節2013年7月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single