早くも猛暑、熱中症注意

梅雨の晴れ間の12日は蒸し暑い日になり、県内各地で日中の最高気温が今シーズンで最も高くなった。宇部市では、午後3時20分に真夏日に迫る29・7度(市防災危機管理課調べ)を記録。男性1人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。

日本気象協会の松井渉気象予報士によると、一時は山口県への直撃が心配され、東へとそれた台風3号が、南から暖かい湿った空気を運んできたため、気温と湿度が上昇した。週末にかけて、気温が高い状態が続く見込み。
宇部・山陽小野田消防局は、水分や塩分の補給のほか、住まいや服装の暑さ対策をして、外出時は日陰を歩くなど、熱中症を予防するように呼び掛けている。

カテゴリー:季節2013年6月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ