台風15号、強風警戒 今後は雨、落雷

係留された漁船で埋まった岸壁(28日午前10時すぎ、宇部岬漁港で) 大型で強い台風15号が黄海を北上したことに伴い、宇部市内は27日夜から強い風が吹いた。山口宇部空港では28日午前4時5分に最大瞬間風速20・1㍍を記録した(アメダス調べ)。

27日夜、万倉の今富ダム付近の県道小野田美東線では倒木が道をふさいだ。県や消防などが出て対応し、間もなく通行が再開した。
瀬戸内海では波が高くなり、宇部岬漁港は係留された漁船で埋まった。ロープの締まり具合を確認する漁業者の姿も見られた。
福岡管区気象台によると、台風15号は午前11時現在、黄海を時速約40㌔で北上中。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35㍍、最大瞬間風速は50㍍。
全域90㌔以内では風速25㍍以上の暴風域、南東側280㌔以内と北西側170㌔以内は風速15㍍以上の強風域。
山口県を含む九州北部地方は、台風周辺の湿った空気が流れ込んで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。気象台では落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を呼び掛けている。

カテゴリー:季節2012年8月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ