旬のキスゴ、水揚げピーク

水揚げ量が増えた夏魚キス(床波漁港で) 梅雨らしいじめじめとした日が続いているが、宇部市内の漁港には夏が旬のキスが水揚げのピークを迎えており、光り輝く美しい魚体がトロ箱の中で夏を告げている。

床波漁協では流し網と建網でキス漁を行っている。潮の流れの速い大潮のときは流し網にキスがよく掛かり、逆に潮が遅いときは建網に軍配が上がるという。
床波の数㌔沖合で操業し、午前7時すぎから漁港で始まる競り市に間に合うように帰ってくる。今シーズンは5月末から網に掛かり始め、8月中旬まで取れるという。日によってむらがあるが、今の時期が最も水揚げが多い。
スマートで光沢のある美しい魚体は〝海の貴婦人〟〝なぎさの貴婦人〟と称せられ、その食味と合わせて人気が高い。
床波漁港にはマゴチやスズキ、ハモなどの旬の魚も上がっている。

カテゴリー:季節2012年7月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single