田植え待つ水田きらきら

風で波立ちきらきらと光る水田(小野瀬戸で) 5月も中旬を迎えて宇部市内の水田では田植えの準備が進んでいる。小野瀬戸の田園地帯では、苗を植えやすくするために土と水をかき混ぜる代かきの作業が終わり、水鏡が夕暮れの太陽で光り輝いていた。

JA山口宇部厚東ライスセンターが農家用に育てている稲の苗の生育は比較的順調で、北部地域では5月下旬から6月上旬にかけて田植えが行われる。

カテゴリー:季節2012年5月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ