台風12号 山口県最接近はあす早朝

大型で強い台風12号は2日、四国の南海上を北北西に進んだ。山口県への最接近は3日午前6時ごろで、予想進路の最も西寄りの場合は広島県との県境付近に上陸する。下関地方気象台は3日朝にかけて暴風に警戒を呼び掛けている。

12号は2日午前10時室戸岬の南約320㌔を時速約10㌔で北北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35㍍、最大瞬間風速は50㍍。半径220㌔以内が25㍍以上の暴風域、東側650㌔と西側560㌔以内が15㍍以上の強風域になっている。
夏台風特有の迷走を見せて上陸予想地点は時間の経過とともに西にずれた。2日夜から3日朝にかけて四国に上陸し、中国地方を経て日本海に抜ける可能性が高いとみられる。ゆっくりした速度で進むため、長時間にわたり風が吹くことも予想されている。
県内の最大風速の予想は海上が20㍍、陸上が18㍍。波の高さは瀬戸内側で2・5㍍。大潮の時期に当たり、満潮時は高潮にも警戒が必要という。

カテゴリー:季節2011年9月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ