台風6号、あす未明 最接近

係留した漁船を見守る漁業者(19日午前8時すぎ、岬漁港で) 大型で強い台風6号は19日午前、高知県の足摺岬の南を強い勢力を保ったまま北上した。四国に上陸するコースを取り、山口県には20日未明に最接近するとみられる。下関地方気象台は暴風とうねりを伴う高波に注意を呼び掛けている。

台風6号は19日午前11時、足摺岬の南約70㌔を時速約20㌔で北上した。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40㍍、最大瞬間風速は55㍍で、中心の東側190㌔以内と西側110㌔以内が暴風域、中心の東側650㌔以内と西側410㌔以内では、風速15㍍以上の強風域となっている。
台風6号の接近で県東部は19日夜には暴風域に入る恐れがあるが、県西部は強風域が続くとみられる。沿岸海域は20日にかけて大しけの見込み。
19日午前中、山口宇部空港を発着する便に影響はなかった。県内の山陽本線は倒木や強風で一部区間で一時運転を見合わしてダイヤが乱れた。

カテゴリー:季節2011年7月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single