1月の平均気温、2002年からの観測史上最低の3.3度

気温の低い日が続いた1月、宇部市の地域気象観測所(アメダス)で月平均気温が、2002年からの観測史上最低の3.3度を記録したことが下関地方気象台のまとめで分かった。

これまでの記録だった04年の5.2度より1.9度も低かった。
この冬は、大陸から寒気が西日本に断続的に流れ込んだため例年にない寒さになった。
この冬一番の寒さになった1月15~18日には、山口県を含む北部九州の上空1500㍍付近に、氷点下17~19度の寒気が流れ込んだ。宇部市では、16日未明に観測史上最低の氷点下5.9度を記録した。

カテゴリー:季節2011年2月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single