“最強”の冬将軍、平野部でも積雪予報

降りしきる雪(25日午前10時半すぎ、常盤町で) 上空にこの冬一番の寒気が流れ込んだ二十五日、宇部市中心部では横殴りの雪が降り、午前十一時ごろには最低気温〇・二度(市防災危機管理課調べ)を記録した。二十六日にかけて山地を中心に大雪になるとして下関地方気象台は注意を呼び掛けている。

冬型の気圧配置になり、上空約一五〇〇㍍に氷点下九度以下の強い寒気が流れ込んだ。二十六日は大気の状態が不安定で落雷や突風の恐れがある。
二十六日朝は気温が氷点下まで下がるところがある。予想される積雪は多い所で山地は一五㌢、平野部は五㌢。
同気象台は積雪や路面凍結による交通障害、落雷や突風に注意を呼び掛けている。

カテゴリー:季節2010年12月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single