台風9号、最接近は午後7時ごろ

台風9号は7日午前、長崎県対馬市の南西の海上を東北東に進んだ。山口県は昼すぎにほぼ全域が強風域に入り、午後7時ごろ最接近の見込み。下関地方気象台は低い土地の浸水や河川の増水、強風、高波、高潮、竜巻などの激しい突風、落雷に注意を呼び掛けている。

9号は7日午前11時に対馬市付近を時速約20キロで北東に進んだ。中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の南東側260キロ以内と北西側170キロ以内では風速15メートル以上の強風域になっている。
台風周辺の発達した雨雲や湿った空気の影響で、局地的に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。1時間最大雨量は40ミリ、8日午前6時までの24時間雨量は多い所で150ミリ。
大潮期間で台風の接近で潮位が高まることが予想されており、満潮時の高潮に注意が必要。

カテゴリー:季節2010年9月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single