きょう立秋、無縁塔磨く宇部徳風会

20090807c.jpg 立秋の7日は午前11時には30度を越える真夏日になった。厳しい暑さの中、宇部市の小羽山と源山の墓地では、宇部徳風会(中村紀子代表世話人代理)が無縁仏の清掃を行った。

市によると墓石の数は2カ所合わせて500個以上ある。会員40人は額の汗をぬぐいながら、山積みされた墓石をたわしで磨き、1年間でたまった汚れを洗い流した。
暦の上では秋の始まりだが、この時期が年間を通じて気温が最も高くなる。

カテゴリー:季節2009年8月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single