梅雨明けヤッホー!!

子供たちの休日の居場所をつくる「あそびの城」厚陽(青木保会長)は5日、県立おのだサッカー交流公園で水遊びをした。子供たちは、服をびしょぬれにしながら、水を使ったさまざまなレクリエーションを楽しんだ。

20090806c.jpg 園児から小学生までの23人は、ぬれてもいいようにと半袖、短パン、はだしになり、いざサッカー場の中へ。足の裏に芝生の心地良い感触を味わいながら、養生用のスプリンクラーをシャワーのようにして遊んだり、思い切り走り回ったりした。
水をまいたビニールシートの上では、頭や足からスライディングをした。はしゃぎ声を上げながら勢い良く滑り込み、何度も水しぶきを飛ばした。
末永佳史君(厚陽小3年)は「水の上でスライディングしたのは初めて。冷たくて気持ち良かった」と喜んでいた。

カテゴリー:季節2009年8月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single