涼味満点、長さ60mの流しそうめん

20090811a.jpg

山陽小野田市菩提寺山の熊野神社(松田千代子宮司)で10日、恒例のそうめん流しが行われ、参拝者たちは涼しげに夏の風物詩に舌鼓を打った。

8月の月並み祭の直会(なおらい)として40年ほど続く。本殿横の傾斜を使い、霊験あらたかな九重の滝のご神水と長さ60mの半筒で、千束以上のそうめんを流した。
子供から大人まで500人の参拝客は、次々に流れてくるそうめんに急いではしを伸ばし、冷たい食感と、さわやかな喉越しを楽しんだ。厳しい暑さにもかかわらず、食欲旺盛な男の子たちは腹いっぱいになるまで平らげていた。

カテゴリー:季節2009年8月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single