博愛園、例年より10日早く門松飾る

20091211b.jpg むべの里博愛園(宇部市)に9日、早くも新春を彩る門松がお目見えした。養護老人ホームの入所者ら3人が作ったもので、入園者や職員、来園者に近づく新年の訪れを感じさせている。

職員の武田博昭さんと入所者の岡悦夫さん(74)、中村浩さん(68)が、約2時間かけて養護老人ホームと特別養護老人ホームの間に1対を設置。松、竹、梅のほか、ナンテンやハボタンを使って仕上げた。
門松は毎年、武田さんが材料を調達した後、3人が中心となって作っている。例年より10日以上も早い迎春準備に、岡さんは「大変だったが、きれいに仕上がった」と喜んだ。

カテゴリー:季節2009年12月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single