酷暑&夏休みでプール大盛況

夏休み最初の週末となった21、22の両日、市民プールは涼を求める親子連れでにぎわった。気温が最も高まった午後2時ごろには、子ども向けプールは満員状態。来場者は2日間とも約1000人に上った。

今月初旬の台風や大雨の影響で、オープンした1日から20日までの入場者数は、多くて1日500人。指定管理者の晃栄の井上雄治社長は「3時間ごとに気温を調べているが、例年より高くて驚く。この週末を皮切りに、さらに利用が増えそう」と推測した。

子どもたちは25㍍と幼児向けのプールで水の感触に笑顔。友人と水に潜ったり、ビニールボールで遊んだりして元気に体を動かしていた。保護者に体の浮かせ方、クロールの息継ぎを教えてもらう子どもの姿も目立った。水の掛け合いに夢中になっていた高末球豊君(須恵小5年)は「外は暑すぎる。水の中は最高に気持ちがいい」と喜んでいた。

開場は8月31日までで時間は午前9時~正午、午後1時~4時、同5~7時。休場は毎週水曜日と8月11日。料金は高校生以上100円、4歳~中学生50円。

カテゴリー:季節2018年7月23日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ