節分行事、豆まきで鬼退治

節分を前に、西高泊郷の西福寺保育園(松村幹旺園長)で2日、豆まきが行われた。幼年消防クラブがあることから小野田消防署の署員らが鬼役を熱演。暗闇の中で迫ってくる鬼に、園児たちは泣き叫び、逃げまどいながらも豆を投げて追い払った。

火災予防の啓発を兼ねた恒例の節分行事。ホールに集まった1歳児から年長児の71人は、電灯が消され、雷鳴音の演出とともに署員と園職員が扮(ふん)した鬼4体が姿を現すと、先生にしがみつきながら必死に豆を投げつけていた。

豆まきの後には署員と共に「火遊びはしません」「お父さん、お母さん、先生の教えを守ります」「素直な良い子になります」など五つの約束を守ることを誓った。鬼を追い払った昔話の絵本で鬼や節分についても学んだ。

カテゴリー:季節2018年2月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ