節分、各地で豆まき

節分の3日、宇部市内の神社や寺で星祭りや節分祭があり、無病息災や家内安全を願う参拝者でにぎわっている。

新天町2丁目の中津瀬神社(丸茂雄治宮司)では、敷地内に出店が並ぶ中、早朝から多くの家族連れが長蛇の列をつくった。福あめも大好評。少しでも大きなあめを手にしようと、くじを買い求める姿が見られた。

午前10時からの豆まきは年男、年女、総代らが掛け声とともにまいた。大量の豆が降り注ぐと、境内からは歓声が上がり、老若男女が腕を伸ばしていた。

藤田忠夫総代会長は「天候にも恵まれ、たくさんの人に来ていただいた。参拝後は、商店街にも足を運んでほしい」と話していた。

同社の豆まきは、午後にも行われる。

カテゴリー:季節2018年2月3日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter