竜王山でウマノアシガタ見頃

山陽小野田市の竜王山でウマノアシガタ(キンポウゲ科)の大群落が見頃を迎えている。中腹駐車場向かいのアスレチック付近で、茎の先に付いたかわいらしい黄色の花が一面を覆い、陽光に照らされている。
ウマノアシガタは北海道から南西諸島、東アジアにまで広く分布する多年草で、日当たりのいい山野に生える。ウマのひづめを傷つけないように履かせていたわらじに似ていることから名前が付いたといわれている。
「ゴールデンウイーク明けまで楽しめそう。小型の多年草で青紫色の花を咲かせるコバノタツナミなども含め、竜王山は花盛り」と自然観察指導員の嶋田紀和さん。連休中に足を延ばしても良さそうだ。

カテゴリー:季節2014年5月2日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single