空港でバラが見頃

山口宇部空港に昨春植えられたバラの花が、初めての見頃を迎えた。100種550本が6月上旬にかけて品種ごとに順次満開の風情を漂わせる。
施設を管理する山口宇部空港ビルが、二つのターミナルビルの間にあるイベント広場を活用しようと、昨春から手掛け、ベンチ付きのデッキなどを設けた。
バラの管理は山陽小野田市の江汐公園で栽培・管理の経験を持つ社員が担当。海沿いの強風に苦労しながら世話をして1年越しで咲かせた。つるバラは満開。通り掛かる人は、赤や黄の花の香りを楽しんでいた。
同ビルの木村高彦常務は「搭乗客に限らず、たくさんの人が楽しめる広場として整備を進めたい」と話した。

カテゴリー:季節2014年5月12日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ