盛大に60回目の宇部花火

第60回記念宇部市花火大会(同大会実行委員会主催)は26日、宇部港であり、大型の打ち上げ花火や音楽花火など1万3000発の光のショーを12万5000人(主催者発表)が楽しんだ。
海の日の関連行事として、宇部の産業発展の礎である同港の夜空に大輪を描いた。県内最大級の「光と音の祭典」として知られる。
花火の打ち上げと音楽をデジタル制御でシンクロさせる音楽花火で開幕し、連発、単発の大型花火が次々と夜空を彩った。「恋するフォーチュンクッキー」に乗せた音楽花火も大いに盛り上がった。
港周辺や真締川公園、橋などには、親子連れや浴衣姿の若者が繰り出し「どどーん」という音と、ハートやキャラクターなど、さまざまな形の花火に歓声を上げた。

カテゴリー:季節2014年7月28日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single