梅雨入り、昨年より6日遅く

福岡管区気象台は2日午前11時、山口県を含む九州北部地方が梅雨入りしたとみられると発表した。昨年よりは6日遅く、平年と比べると3日早い。きょうは、6月最初の登校日。宇部市内では今朝、涼しげな夏服へと衣替えして登校する生徒たちの姿が目立った。
前日の晴天から一転し、低気圧や前線の影響で曇りや雨となっている同地方。日本気象協会九州支社によると、前線の通過に伴い5日にかけて激しい雨も予想される。蒸し暑い日が多そうで、熱中症対策が必要だ。
慶進中・高(花田崇校長)では2日から、クールビズがスタート。生徒たちはノーネクタイに、白や青いシャツの第1ボタンまで開けた格好で、足取り軽やかに登校していた。

カテゴリー:季節2014年6月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single