常盤公園で桜に先立ちモクレン満開

常盤公園の彫刻の丘(野外彫刻展示場)にある、あり地獄のような作品の周辺で、薄ピンクの花が咲き誇っている。遠目に見た人たちが「桜って、もう満開なんだっけ?」と集まって来るが、見頃を迎えているのはモクレン。彫刻で遊ぶ子どもたちの頭上を、ソメイヨシノより一足早く春色に染めている。

あり地獄のように遊べる彫刻「標的と人」(1969年作)の周辺には、シモクレンやハクモクレンが約30本植えられている。同園管理課によると「モクレンの見頃は今月中旬まで。周辺のソメイヨシノは咲き遅れているが、もう少しすれば花木の美しい共演となりそう」と話している。

園内のソメイヨシノは一分咲き。遊園地や桜山で開花が進んでいる。

カテゴリー:季節2017年4月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single