山陽小野田市の江汐公園であじさいまつり

第18回あじさいまつりは15日、山陽小野田市の江汐公園で開かれた。梅雨の合間の晴れ間が広がる中、来園者は色とりどりのアジサイが咲くあじさい園を散策し、管理棟前で行われたイベントを楽しんだ。

同まつりは、同公園西側にある34種約4000株が植えられたあじさい園の周知などを目的に開催している。
管理棟前の広場ではアジサイの苗木販売、野菜の朝市などが行われ、朝から多くの人でにぎわった。また、毎年恒例で市民に大人気のアジサイの苗木が当たる抽選会は、午前と午後の2回に分けて実施。今年も長蛇の列ができた。当たりを引いた人は満面の笑顔で受け取っていた。
まだ三分咲きほどのあじさい園には、ゆっくりとアジサイを観賞しながら歩く親子や夫婦の姿も多く見られた。写真を撮ったり、スケッチブックに花を描く人もいた。
同公園を管理する晃栄によると、あじさい園はこれからが見頃で、7月上旬までは楽しめそう。また管理棟では19日までアジサイの鉢植えの展示を行うという。

カテゴリー:季節2014年6月16日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single