山陽小野田市の「花の海」でコスモスが見頃

日に日に気温が下がり、冬の足音が近づく中で、山陽小野田市埴生の「花の海」では、コスモスが見頃を迎えている。月末までは花を楽しむことができそうだ。
夏のヒマワリなど季節を感じる花畑づくりを推進している花の海。秋のコスモスは5年前から植えている。
今年は9月に1度種をまいたものの、日照り続きで発芽せず、10月に再度種まきを実施したため、遅い開花となった。1・5㌶の敷地に約10万本のコスモスが植えられており、畑の間には観賞用の道が造られ、間近で花を楽しむことができる。
総合交流部の小玉健太さんは「つぼみもたくさん付いているので、一気に寒さが厳しくなれば別だが、まだ花は咲くだろう。最後まで楽しんでもらえれば」と話している。
コスモス畑の開場時間は午前10時から午後5時まで。問い合わせは花の海(電話79-0130)へ。

カテゴリー:季節2013年11月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ