寒波来襲、凍結に注意

県内に強い寒気が流れ込んだ21日、宇部市は朝からほとんど気温が上がらず、時折雪が吹き付けた。22日にかけて山地を中心に大雪の恐れがあり、下関地方気象台は路面の凍結などに注意を呼び掛けた。
県上空1500㍍付近に氷点下10度以下の強い寒気が流れ込み、22日にかけて冬型の気圧配置が強まる。
今シーズン初めて、上空5000㍍付近にも氷点下30度以下の強い寒気が流れ込む。二重の寒気に覆われると大気の状態は不安定になり、積乱雲が発達しやすいほか、局地的に雪が激しく降る可能性がある。
22日午前6時までの24時間の降雪予想量は、標高200㍍以上の山地で20㌢、平地で5㌢。

カテゴリー:季節2014年1月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ