夏休み最後の日曜日、プールにぎわう

夏休み最後の日曜日となった27日、山陽小野田市民プールは多くの家族連れらでにぎわった。朝早くから来場者が相次いだこの日は653人。過ぎゆく夏を惜しむように、あちらこちらで歓声と水しぶきが上がっていた。

連日、真夏日が続く今夏は7月2日の開場から1万9401人が来場。7月には1000人を超す日もあった。1日平均は404人で、過去5年間で最多となった昨年の2万112人を上回りそうな人出となっている。

幼児プールでは子どもたちが浮輪、ビーチボールなども使って大はしゃぎ。

恩田幼稚園に通う高田楓花ちゃん(3)は母親の幸枝さん、妹の胡花ちゃん(1)と宇部市から来場。プールは大好きで、「滑り台が楽しい」と喜んでいた。

市民プールの営業は31日まで。開場時間は午前9時から午後7時までで、正午からと午後4時からの各1時間は休憩時間となる。水曜日は休み。料金は高校生以上が100円、4歳から中学生が50円。

カテゴリー:季節2017年8月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single