台風18号接近で厳戒態勢、運動会の順延など

大型で強い台風18号が山口県内に近づいている。16日午前11時現在、東シナ海をゆっくりと北東に進んでおり、予報円の中心付近を進んだ場合、県内は16日夜遅くには風速15メートル以上の強風域に入る見通し。17日午前には風速25メートル以上の暴風域に入り、最接近は17日の昼すぎとなる見込みで、下関地方気象台では、厳重な警戒と不要不急の外出は避けるよう呼び掛けている。

16日午前11時現在の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル、中心から半径200キロ以内は暴風域、500キロ以内は強風域となっている。接近に伴い、大気の状態は非常に不安定となり、局地的な大雨、落雷、竜巻などの激しい突風の恐れがあり、同気象台によると、県内で予想される最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。最接近が予想される17日午前6時からの24時間雨量は、200~300ミリ、最大1時間雨量は70ミリとしている。また、一年で最も潮位の高い時期となっており、海岸や河口付近の低地では高潮による浸水、冠水の恐れもあり、該当地域は警戒を呼び掛けている。

宇部市内で17日に予定されていた行事では、各小学校の運動会が18日に延期、記念会館でのギャラリートーク「渡辺裕志さんが語る翁の志」は中止。文化会館での絵画・彫刻展の表彰式は18日午後4時、俳画展のワークショップは同日1時にそれぞれ変更となった。記念会館と文化会館、ときわ動物園、ときわ遊園地、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」、石炭記念館、常盤公園内の店舗、俵田体育館など市内すべての体育施設は、17日を臨時休館とすることを決めた。

県は15日、台風18号の接近に伴い、17日に山口市内で予定していた総合サイクルイベント「オールヤマグチ・ライドフェスタ」を中止すると発表した。

カテゴリー:季節2017年9月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ