受験期に合わせ宇部空港に巨大絵馬

本格的な受験シーズンに入り、全日本空輸山口支店(山本俊樹支店長)は9日、山口宇部空港国内線ターミナルビル1階に、縦横1・2㍍の大絵馬を設置した。訪れた受験生が、学問の神様・菅原道真に祈願するとともに、一層の努力を誓っている。

同支店が1998年から、防府天満宮の協力を得て実施している取り組み。今年は願い事を書き込む木絵馬400枚を用意、週に一度、同支店の社員が同宮に届ける。

神事は同宮の越智宣彰権禰宜(ごんねぎ)、みこの岩本侑加さん、原田七海さんが担当。慶進高3年の岡田拓真君、野村早希さん、町田結萌美さんらがお払いを受けた後、絵馬を奉納した。岡田君は「進路が決まっていない人が多いので、全員が合格し、笑顔で卒業できるよう祈って掲げた」と話していた。

設置期間は2月28日まで。受験生とその家族なら誰でも奉納できる。

カテゴリー:季節2018年1月10日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ