厚狭駅前にイルミネーション、初日に結婚式

 JR厚狭駅前周辺の活性化を目的としたクリスマスイルミネーションの点灯が始まり、過去最多となる6万個の発光ダイオード(LED)が夜の街を彩っている。初日の25日には点灯式と恒例となった人前結婚式があり、多くの市民が2人の門出を祝福した。点灯は来年1月中旬まで。
 「地域の未来に夢と希望を」と厚狭駅前イルミネーションプロジェクト実行委員会(光永武委員長)が2012年から始め、駅前ロータリー周辺を電飾。結婚式は新婚カップルが抱く将来への夢や希望がプロジェクトに合っているとカップルを公募して行っている。
 点灯式では光永委員長が「皆さんの協力で年々LEDが増え、注目を集めている。2人の末永い幸せを願い、祝福の輪に加わって」とあいさつ。山陽商工会議所女性会によるハンドベルの演奏が1カ月後に迫ったクリスマス気分をもり立てた。
 挙式したのは共通の趣味を通じて知り合ったという宇部市厚南の会社員、池田悠真さん(24)と同じく会社員の松尾舞さん(33)。寝太郎像前の特設会場で親族や友人、多くの市民が見守る中、誓いの言葉を読み上げて結婚指輪を交換し、結婚証明書に署名した。
 2人が点灯スイッチを押して周囲が幻想的な空間に変わった後、山陽商議所の田中剛男会頭は「長い人生のどこかで壁にぶち当たることもあるが、そこで2人の愛が証明される。互いに大切にし合い、幸せな生活を」と祝った。
 また、山陽ライオンズクラブ(山髙正義会長)が来年1月に認証55周年を迎えるため、記念事業として同実行委に50万円を寄付した。

カテゴリー:季節2017年11月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ