別府八幡宮に風鈴鳥居

有帆中村の別府八幡宮(渡邉克忠宮司)に、風鈴鳥居が設置された。つるされた34個が風に吹かれて「チリン、チリン」と、涼やかな音色を境内に響かせている。今月末まで。

鳥居は高さ約2㍍の竹製。社殿正面の階段付近を3基が取り囲む。風鈴の音には厄を払う力があるという言い伝えにちなんで初めて設置した。「癒やされる」と参拝者から好評という。

権祢宜(ごんねぎ)の渡邉司郎さんは「例年以上の暑さが少しでも和らげばと思う。鳥居をくぐり、清らかな心身でお参りしてもらえたら」と話していた。

カテゴリー:季節2018年8月15日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter