光善寺で精霊送り法要

盂蘭盆(うらぼん)最終日の16日、宇部市西琴芝2丁目の光善寺(松原徹心住職)で精霊送り法要が営まれた。檀信徒(だんしんと)約550人が送り火に卒塔婆をくべて、新仏や祖先の精霊を見送った。

参拝者の焼香に続き、午後7時45分ごろ境内に設けられた高さ約1.8㍍の炉に点火されると、浄火が天に上った。

参拝者は先祖代々などと書かれた卒塔婆や写経、位牌(いはい)、古い仏具などを火にくべ、「空から見守っていて」などと願いながら、手を合わせた。

西日本豪雨災害の義援金受け付けや、飲み物、ヨーヨーの接待もあった。

カテゴリー:季節2018年8月17日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter