ゆめタウン小野田にバレンタインコーナー

2月14日のバレンタインデーを前に、おのだサンパークの核テナント、ゆめタウン小野田(平田明寛店長)には、早くも特設コーナーが設けられている。ピンク色のかわいらしいディスプレーで飾られた会場では、女性たちがチョコレートやプレゼント用の小物を選ぶ姿が目立ってきた。

会場は1階のサンフェスタステージ。2年目となる今年は自分用にも購入する人が多いブランドチョコを15日から、それ以外は23日という2段階スタート。昨年の手応えから中高生に人気のある安価で楽しめる商品を増やした。
地元では入手しづらい「ゴディバ」などのブランドチョコは300種類と豊富な品ぞろえ。家族で楽しめる手作りグッズも充実させた。また、チョコ以外では酒類やハンカチ、ネクタイ、下着、靴下もバレンタイン用の包装で販売している。
「昨年からさらに充実した品ぞろえになっている。今後は市内や宇部市といった地元のケーキ店とのタイアップ企画も検討している」と平田店長。商戦のピークは最後の週末となる8、9日になりそうという。

カテゴリー:季節2014年1月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ