ひな人形でココランド華やかに

 寒さが厳しい中、ココランド(廣田晃子支配人)は、利用者に少しでも早く春を感じてもらおうと、ロビーにひな人形を飾り付けた。緋毛氈(ひもうせん)を敷いた壇に、華やかな衣装の内裏びな、道具類などが並んでいる。
 毎年行っている取り組みで4回目。人形は市民からの寄贈がほとんどで、今年は12セットを飾った。野だて傘、縁台も置かれ、休憩することもできる。
 利用者は、縁台に腰かけてじっくり眺めたり、ひな祭りの思い出話に花を咲かせたりしていた。スマートフォンで記念撮影する家族連れの姿もあった。廣田支配人は「人形の数が年々増えてより豪華になった。ぜひ癒やされに来てほしい。インスタ映えする写真もどうぞ」と話していた。
 ひな人形は3月末まで飾られ、桃の節句の3日は、ロビーコンサートも開かれる。

カテゴリー:季節2018年1月30日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ