「ロンド」がサンタに衣替え

 ANAクラウンプラザホテル宇部前にある野外彫刻のロンドが14日、サンタの衣装に〝衣替え〟した。心躍る愛らしい姿で、道行く人にクリスマスシーズンの到来を告げている。
 宇部文化服装学院(米田ハル学院長)が、20年ほど前から手掛けている恒例の行事。自由科の学生5人が、前年の衣装を生かしながら、帽子やスカート、上着の縁の白いフリンジを作り直すなどして、準備を整えた。
 14日は教員3人も加わり、約1時間かけて3体のブロンズ像に真っ赤な衣装を着付け。ネコはトナカイに見立て、プレゼントを載せたそりを引かせた。難航したのは、サックスを演奏する男性。衣装をパーツごとにかぶせ、体形に合わせて縫い付けた。
 初めて作業に参加した大中望音(もね)さん(21)は将来、オリジナルブランドを立ち上げるのが目標。「動かない彫刻相手に、衣装を体に沿わせて固定するのが難しかった。先生や先輩の技術は参考になる。彫刻を目にする歩行者に、楽しい気分を味わってほしい」と話していた。

カテゴリー:季節2017年11月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ