酒気帯び運転の疑い、自衛隊幹部を逮捕

飲酒運転で人身事故を起こしたとして、宇部署は28日、山陽小野田市埴生の海上自衛隊小月教育航空群司令部三等海佐、福元真也容疑者(41)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、酒を飲んだことは認めているが、「車は運転していない」と容疑を否認しているという。福元容疑者の車に同乗者はいなかった。

逮捕容疑は、同日午前2時20分ごろ、宇部市東本町1丁目の県道で、乗用車を酒気帯び運転した疑い。
福元容疑者の乗用車が道路左側の駐車帯に止まっていた宇部市の男性会社員(20)の乗用車に追突し、通報で駆け付けた警察官がアルコール検査で酒気帯び運転を確認して逮捕した。
男性会社員の車には4人が乗っており、1人が救急車で病院に運ばれたが軽傷とみられる。
幹部自衛官が逮捕されたことを受け、小月基地では「隊員の起こした事故によりけがをされた方々には謹んでおわび申し上げる。隊員が逮捕されたことは遺憾。教育指導を再度徹底し、同種事案の絶無を図る」とのコメントを発表した。

カテゴリー:事件・事故2010年3月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single