宇部市の藤山交差点、車線変更などで大混乱

kousatenn.jpg 県内で最も交通量の多い宇部市東藤曲の国道190号藤山交差点で、厚南方面からの車線規制や信号制御が変更され、朝夕の一層の渋滞など混乱を招いている。今のところ大きな事故は発生していないものの、直進しようとした車が赤信号だけを見て停車したり、慌てて左車線に入ろうとしたりしてトラブルが絶えない。

国道190号の厚東川大橋を渡って市街地に向かうルート。これまでは3車線のうち中央の車線は直進も右折もできたが、2月26日の変更後は直進できるのが左側1車線のみとなり、中央の車線は右折専用レーンになった。信号は矢印で「右折可」が表示されるようになった。
通勤に利用しているドライバーも「赤信号で停車したら、後続の車からクラクションを鳴らされた。なぜ、車線規制を変更したのか理由が分からない」と不満たらたら。1日は県立高校の卒業式の関係で普段よりも通行量が増え、宇部警察署には「式典に間に合わなかった」などと苦情が殺到したという。ピーク時は、山陽小野田市の山口労災病院付近まで渋滞した。
国土交通省宇部国道維持出張所のホームページにも車線規制の変更については記載がなく、周知不足を指摘する声が上がっている。

カテゴリー:事件・事故2010年3月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single