次期工学部長の就任辞退、不正経理問題の山大教授

山口大の不正経理問題に関与していたとされる男性教授(56)が、内定していた次期工学部長と次期大学院理工学研究科長の辞退を申し出、受理されていたことがわかった。

工学部によると、この教授は昨年11月に次期工学部長、1月に次期大学院理工学研究科長に内定。いずれも4月1日から就任予定だった。
辞退届は先週、三浦房紀学部長あてに出された。理由は「一身上の都合」としか書かれていなかったという。
工学部長の再選挙は17日に実施される予定。大学院理工学研究科長の再選挙の次期は未定。
教授は、国などから交付された研究費を、備品を架空発注した形で、業者にプールさせていた疑いがもたれている。私的流用は確認されていないという。

カテゴリー:事件・事故2010年2月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single