追突しそのまま逃走、学校職員逮捕

追突事故を起こして逃走した、県立周南総合支援学校事務職員、津島敬一郎容疑者(36)=周南市=が30日、宇部署に自動車運転過失傷害と道交法違反の疑いで逮捕された。

津島容疑者は、29日午後10時15分ごろ、宇部市小松原町2丁目の市道で乗用車を運転中、信号待ちで停車していた大阪市の男性会社員(33)運転の乗用車に追突、さらにその前に停車していた下関市の女性会社員(27)運転の乗用車に玉突きさせる事故を起こし、男性会社員に頸椎(けいつい)ねんざなどのけがを負わせてそのまま逃走した疑い。
津島容疑者は付近で車を乗り捨て逃走。放置車両の通報で駆け付けた同署員が事故車両と特定し、逮捕した。
取り調べに対し「飲酒運転の発覚を隠そうとして逃げた」と話しているという。
県教委は県内の小中高、総合支援学校に対し、すべての教職員に対して綱紀粛正を求めた。

カテゴリー:事件・事故2009年12月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single