山大工学部学生、暴行容疑で逮捕

20091217b.jpg わいせつ目的で女性に抱き付いたとして、宇部署は16日、山口大工学部4年の男(22)=宇部市=を暴行の疑いで逮捕した。同署によると容疑を認めているという。

8日午後9時30分ごろ、同市内の路上で、わいせつ目的で通りがかりの女性会社員(19)に背後から抱き付くなどの暴行を加えた疑い。
被害者は同容疑者と面識はなく、目撃情報などから特定された。
同市内では、同様の事件がほかにも発生しており、同署で関連を調べている。
学生の逮捕を受け、山口大では同日夜、山口市吉田の本学で、小嶋直哉教育学生担当副学長らが会見を開き「学生を教育する大学として遺憾。市民に大きな不安を与えて申し訳ない」と謝罪した。
工学部応用化学科の堤宏守学科長によると、容疑者の学生は有機化学の専攻で学生寮住まい。「性格はおとなしく、卒業研究には毎日、真面目に取り組んでいた」という。
大学側として事態の把握に努めており、事実関係の確認が取れ次第、適切な処分を検討するとしている。

カテゴリー:事件・事故2009年12月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single