今年2度目、山口県内に事故多発警報

交通安全山口県対策協議会は16日、交通死亡事故多発全県警報を発令した。期間は22日まで。今月7から15日までに7件の死亡事故が相次いだためで、今年の全県警報は先月に続き2回目。

県警交通企画課によると、7件の事故のうち、高齢者が亡くなる事故が5件で最多。夜間の横断歩行中が4件で、いずれも反射材を身に付けていなかった。
今年は今月15日までに県内で人身事故が7392件発生。前年同期より374件減ったが、死者は17人増え103人になった。

カテゴリー:事件・事故2009年12月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single