山口立大、准教授を懲戒解雇

山口県立大は、セクハラとストーカーの行為を繰り返したとして50歳代の男性准教授を16日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

県立大によると、准教授は4月から学生の携帯電話に父親がわりと称して大量のメールを送り付けた。6月には食事に誘い、入浴した県内の温泉施設で「体を洗ってやる」と全身を触ったという。
7月下旬に学生と両親から相談を受けた大学側が調査を実施した結果、セクハラに該当する行為があったと認定した。同大は「信頼回復と再発防止に努めたい」と話した。

カテゴリー:事件・事故2009年11月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single